小林未千 MichiKobayashi OfficialSite

“夢のチカラで未来を切り拓く”を理念に10,000人以上の夢・目標の実現をサポート!【顧客も社員も幸せにする「カウンセリング営業」メソッド】を中心に経営コンサルティング・人材育成を行う。100年Lifeを自分らしく輝いて生きる!自立するための稼ぐ力として、『お客様の“夢”をかなえる!明日から実践、売れるカウンセリング営業法』など研修・講演を全国各地で展開!㈱和未コンサルティング代表取締役

お問い合わせ
<<  2019年03月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
テーマ
 
講演・セミナー・研修 ご依頼はこちら
公開セミナー情報
お客様の声
書籍・メディア情報
1枚のアンケート用紙で「新規顧客」が「100回顧客」に変わる!
会社概要アクセス
サロン経営アカデミー
スタジオNagomi
Facebook 小林未千
インスタグラム
小林未千 YouTube
   
 

ブログ

営業力アップ無料メール講座

化粧品選び、7割間違い?本当の状態を知らないし、ほしいモノも分からない。  [2018年11月07日]
できるだけ参加者のみなさまが
リアルに困っているコトに
お答えするようにしています。
 
その中で、よくいただく質問に
お客様自身が問題・課題に気づいていない場合
どう伝えればいいか?ということ
 
 
 
例えば
どう見てもお客様の肌は
カサカサに乾燥しているのに
 
「肌で気になることは特にないです!」
と言われた場合。
 
 
あなたならどうしますか?
 
 化粧品選び、7割間違い?
━━━━━━━━━━━━━━━━━
化粧品選び、7割間違い?
━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経新聞ヒットのクスリ
2018/11/2(金)の記事タイトル
 
チョッと気になりました!
 
 
─…─…─…─…─…─…─…─…─
化粧品大手のポーラが毎年11月中旬に発表する「ニッポン美肌県グランプリ」は考えてみると、リスクの大きいランキングだ。2017年は富山県が1位で、最下位は16年に続き群馬県。美肌の偏差値差は50以上。同じ東北でも秋田は3位でも岩手は40位。反発から不買運動は起きないのか、勝手に心配してしまう。
それでもポーラは12年から継続中。理由は肌の状態は地域、気候、時代によって違いが生まれることを訴えるため…(途中省略)肌の検査をすると「7割が自分の悩みと分析結果がずれている」(菅千帆子APEXブランドマネージャー)。
しっとりした肌を求めているが、実は十分すぎるとか、化粧に気を遣う女性も実は本当の状態を知らないし、欲しいモノも分からない。‥‥‥
─…─…─…─…─…─…─…─…─
 
 
記事内容の一部ですが…
この記事、カウンセリングに使えそう!
って思いませんか?
 
 
「肌で気になることは特にないです!」
とお客様にいわれた後
しばらく普通に会話を進めた後
(※ここポイントです)
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~
あっ!そういえば○○さんは
『日本美肌県ブランプリ』ご存知ですか?
 
化粧品大手のポーラさんが毎年11月に
発表している美肌ランキングなんですよ。
 
そのことが、日経新聞の記事になってまして…
 
何と!そのタイトルが
『化粧品選び、7割間違い?』とあったので
気になって読んでみたんですよね。
 
記事には
『肌の検査をすると
「7割が自分の悩みと分析結果がずれている」
しっとりした肌を求めているが、
実は十分すぎるとか、
化粧品に気を遣う女性も実は
本当の状態を知らないし、
欲しいモノも分からない。』
とあったんです。
 
7割間違い?
3割しか本当の状態を知らない!
ってびっくりしませんか?
 
 
○○さまもこの後
スキンチェックをさせていただきますが
思っていた結果とズレがあるかも
しれませんが…
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~
というように
記事を上手く使って
■間違っているかもしれない?
■間違っていても、まあ仕方ない!?
を伝えておくと
 
 
この後スキンチェックをした際に
「実はかなりの乾燥状態ですね」
と伝えやすくなります。
 
 
 
いかがですか?
 
 
 
 
 


売れるカウンセリング基礎編


無料メール講座登録
YouTube小林未千
 
小林未千Facebook
 
小林未千Instagram
 
小林未千書籍
 
 
Posted at 14:58